ワンタイムデビットでAndroidアプリを購入

[`evernote` not found]

#android xperia(SO-01B)のカスタムROMを導入する際いつもバックアップにTitanium Backupの無料版を使ってましたが ROM入れ替えの頻度が上がってくるとさすがに有料版(Titanium Backup PRO )が欲しくなってくるわけで。

androidmarket

今までも有料アプリを購入するたびにジャパンネット銀行のワンタイムデビットをチャレンジして撃沈、嫁さんに承諾をもらってVISAカードで購入してたけど今回はも懲りずにワンタイムデビットをチャレンジ。

というか今年(2011年)の1月30日位まではジャパンネット銀行のワンタイムデビットでアプリの購入が可能だったようです。
参考:Google checkoutでワンタイムデビット
Androidを使いこなそう!その参

その後 ジャパンネット銀行側なのかandroidマーケット側なのかシステムが変更になったようでワンタイムデビットでは購入来ませんでした。
googleチェックアウト
一番下のATOKがワンタイムデビットでチャレンジして撃沈しVISAカードで購入したときの物
これがそのときの領収書
ATOK領収書

アプリ購入の流れ的には、ジャパンネット銀行でワンタイムデビットのカード番号を取得して googleチェックアウトにカード番号などを入力して
マーケットでアプリを普通のカードと同様に購入するだけ。

領収書をみてみると
アプリ 領収書

[tegaki]キタ――(゚∀゚)――!![/tegaki]

普通に購入できるようになったようです?アプリによっては購入できない物もある?
その辺は不明ですがTitanium Backup PRO はワンタイムでビットで購入できるようです。

お金の流れとしてジャパンネット銀行の取引明細を見てみると
ジャパンネット銀行明細書

カードレスデビット売上予約で200円が2回合計400円引かれています。
これはオーソリゼーションという物らしいですが、今までの経験からすると2週間程度で戻ってきているようです。

ですが9日に6円戻ってきているのが意味不明です(;^ω^)

何はともあれ無事にTitanium Backup PRO が購入できたのでバックアップが楽になりそうです(*´ω`*)

ワンタイムデビットでAndroidアプリを購入」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ジャパンネット銀行のワンタイムデビットが使えたところを調べてみた | 某氏の猫空

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です