ポジションランプ弐号機完成w

スポンサード リンク

[`evernote` not found]

この記事は約 1 分で読めます。

ポジションランプ弐号機が完成w
結構手間がかかるけど満足度は高い(ノ´∀`*)
汎用性は無いけど、ステップワゴンにはポン付け出来るようにしました。
作成のつづき
↓、ソケットを短く切断。


こいつにヒートシンクをくっつけて、所定の長さになるようにします。
こいつが今回使うLED。
Luxeon SE 1W
CIMG1880.jpg

9Vの乾電池にCRD15mAを繋いで点灯試験
CIMG1883.jpg


えー
イキナリ完成です。
ソケットとヒートシンクの接着はエポキシ系の接着剤を仕様
CIMG1884.jpg

点灯ユニットを付けて点灯。14Vかけてます。
CIMG1885.jpg

これがポジションランプ一式です。
CIMG1886.jpg

夜になったら装着して見ますねw

スポンサード リンク

ポジションランプ弐号機完成w」への0件のフィードバック

  1. toby

    なるほどね。ヒートシンクの選択と加工が良いですね。
    それとソケットを加工して一度外に線で取り出して制限抵抗を間に入れるのもスマートですね。

  2. yasu

    >tobyさん
    そうですね。ヒートシンクの加工と取付は思ったように出来ました。
    ソケットの加工だけで、車両側の配線を加工しなくてもいいようにしたため、他のバルブへの交換もソケットだけで交換できます。

  3. yuutarou

    ハイパワーLEDを上手くソケットに取付してあり、関心です。
    最近のクルマはヘッドライト内にウインカーなども内臓され、
    更に分解も困難だし、LEDを沢山並べられないし、
    ハイパワーLEDは発熱があるからと諦めていましたが、
    「こんな方法もあるんだ。」と色々勉強になります。
    これなら、小型で大光量のリアフォグライトもイケますね?

  4. yasu

    >yuutarouさん
    そうですね、乗用車は基本的にヘッドライトもテールランプもユニットになってるので分解が大変でよね。
    使う、LED次第ではリアフォグも行けると思いますよ。
    ハイパワーLEDも発熱の対策さえ出来れば、バルブ化などの小型化が出来るのでいいですよね。
    後は、電流を制御する方法が小型化出来ればいいんですがw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です