ルームランプ用樽型バルブのLED化

[`evernote` not found]

ステップワゴンの2列目にある、ドリンクホルダー用に樽型バルブをLED化しました。


使ったのはこの前購入したFlux LED(3.7V/30mA)を6個。
3個直列の2系統で、1系統ごとに100Ωの抵抗で制御。
でもこれちょっとオーバードライブになるね。
A=(14.4V – 3.7V X 3)/100Ω = 0.033A = 33mA
まぁ保安部品じゃないし、このくらいのODなら気にならないでしょ。たぶん。。。


樽型バルブの両端を挟み込むタイプなので、針金を曲げて、突起を作成してハンダ付け。
CIMG1784.jpg

LEDをハンダ付けして、隣同士のLEDを1系統ずつブリッチさせる。
CIMG1785.jpg

100Ωの抵抗を取り付けてて配線完了(間違い探しです。この配線は完成してません(ノ´∀`*))
CIMG1788.jpg

表側から。6個って多かったかな?
CIMG1787.jpg

裏面をホットボンドで固める前に、9Vの乾電池で点灯試験。このときさっきの配線ミスを発見しましたw(写真は配線し直し後w)
CIMG1789.jpg

ステップワゴンが近くにないので、会社のプレオのルームランプで点灯確認。
CIMG1791.jpg

こんなに明るくなくて良かったかも(ノ´∀`*)

ルームランプ用樽型バルブのLED化」への0件のフィードバック

  1. RがLEDに繋がっていないようですね。上の列だけかな?
    Fluxは日亜でなくてPARA LIGHTなんですよね。
    本当に明るいですよね。
    ちょっと気になるのは逆接続保護用ダイオードが入っていないことです。大抵LEDの逆電圧は5Vぐらいなので。。。

  2. >tobyさん
    間違い探し大正解です。さすがですねw
    PARA LIGHTのLEDも明るいですね。日亜にしようかと思ったんですが、室内なので妥協しましたw
    やっぱり保護用のダイオード付けた方がいいんですね。逆電圧が5V程度とは知りませんでした。
    今度から作るやつには付けようと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です